【クラ・デジ一眼撮影記】 第18回 【CANON KISS DIGITAL X】

京都山吹写真倶楽部のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。
今回【第18回】ご紹介しますクラッシックデジタル一眼レフは、2006年 8月24日に
発表され15年が経過している「Canon Kiss Digital X」です。

Canon Kiss Digital Xは、Kiss Digital N(2005/03)から約1年半で発売されました。
変更点は、画素数が800万画素から1010万画素にアップされました。
外観の大きな変化は無いのですが、モニターが1.8型から2.5型と大きくなり
それまで、設定確認と構図の確認くらいしか使えなかったのが、大きくなったことで
ピントの確認が出来るようになりました。ISOや連写速度・CFカードは同じです。
【Kiss Digital Nは、2020年 7月25日のクラ・デジ一眼撮影記_第8回をご覧下さい。】

撮影には、EFS 18-55mmとEFS 55-250mmを用いて、京都府京田辺市の山間地域
高船地区の彼岸花(曼珠沙華)を撮影しました。白くなった花も有り、少し遅かった
ようですが、綺麗な花を選んで撮影しました。カメラはピント・露出も良く合っており、
発色が弱く感じたのでPCでコントラストを少し強くしました。

では、ご覧下さい。(撮影後、フォトショップでトリミングとコントラストは若干いじっています。)


f:6.3  55mm

f:8.0  55mm

f:8.0  55mm

f:5.0  45mm

f:11.0  18mm

最後までご覧いただき、有り難うございました。

おすすめ